キネティックノベル大賞は、ノベル&シナリオ部門を年3回、イラスト部門と音楽部門は年1回の開催を予定

第3回キネティックノベル大賞
【応募受付期間:2021年7月1日~9月30日】
※部門によって締切日が異なります。

第2回キネティックノベル大賞 ノベル&シナリオ部門
第一次選考結果発表はこちら

キネティックノベル大賞とは

イラストがあり、文章が表示され、音楽が流れ、セリフが聞こえる……そんな能動的ゲーム形式コンテンツの『キネティックノベル』。その名前を冠して開設されたのが、この【キネティックノベル大賞】です。
ノベル&シナリオ部門は3月から5月、7月から9月、11月から翌年1月と年3回、イラスト部門と音楽部門は7月からと年1回の開催し、新たなクリエイターやコンテンツを発掘し、世に出していきます。
第3回となる今回は、ノベル&シナリオ部門とは別に、テーマを決めた小説部門を新たに設置いたしました。

過去に開催したノベル&シナリオ部門では、審査員特別賞を受賞した仁木英之の受賞作品『不死鬼譚きゅうこん~千年少女~』がGA文庫より発刊すると同時に、キネティックノベルとして発売致しました。
同部門にて佳作を受賞した小椋正雪は、一迅社文庫より受賞作『八丈島と、魔女の夏』を発刊し、さらにさまざまな文庫レーベルにて小説執筆を行ったり、キネティックノベル作家としても活躍しております。
また同部門の応募作品の中には、惜しくも受賞は致しませんでしたが、コンテンツメーカーのブランド・Keyよりキネティックノベル『Harmonia』として発売した作品もあります。
イラスト部門の受賞者たちは小説挿絵や音楽CDジャケット、イメージキャラクターデザイン、ゲーム原画などを手がける作家としてマルチに活躍しております。
音楽部門の受賞者たちもゲーム内楽曲の提供や音楽CDの編曲など業界内の新たな流れを生み出し注目を集めています。

昨年開催した第1回の音楽部門において大賞を受賞した天休ひさし、優秀賞のすみは、5月28日に発売したばかりのKey新作『LOOPERS』において音楽提供を行うなど、活躍しております。

【キネティックノベル大賞】は、さまざまなジャンルにおいて活躍が期待されるクリエイター発掘型の新人賞なのです。
応募方法につきましては、下記リンク先の応募方法をご確認ください。