大賞TOP  主催者からのメッセージ  応募要項  LINK








このたび、新たなクリエイターの発掘を目的としてキネティックノベル大賞を創設する運びとなりました。プロとして自立を目指されている方や、趣味として創作活動をされている方たちの登龍門となり、同時に商業的な利用を前提にした、極めて実務的な賞にできればと考えています。

ライトノベルやゲームやアニメや、その他いろんなメディアに展開できるような、極上の物語をお待ちいたしております。

とはいえ、私としてはこの賞によって新しい方々と知り合えることが楽しみでなりません。世の中には優れた才能を持った方はたくさんおられ、そうした方々との新たな出会いは、私たちコンテンツの頒布を生業とする人間の生きがいでもあります。皆さま方が描く夢は、同時に私たちの夢です。今この瞬間、次の時代を創るために、新たな神話が求められています。

さらに、この賞の特徴として、イラストや音楽の部門も用意いたしました。表現のさまざまな分野が手を繋いだとき、物語はさらに高い次元へと昇華し、見る者に深い感動を与えるでしょう。またこれらの賞が、今まで商業的に成立しづらかったBGMなどのジャンルにも一石を投じ、さらなる可能性を切り開くことを信じてやみません。

想像してみてください。名立たる審査員が一番と認める曲とは、いったいどんな曲なのでしょう? 何百もの応募作品の中の一番のイラストには、いったい何が描かれているのでしょう? 

その価値を、私たちは知っています。心ときめかせながら、待つことにいたします。各界のより多くの方々のご応募を、お願い申し上げます。

最後に、このようなチャンスをいただいたこと、賞の創設にご尽力いただいたocelot桜沢大さまはじめ関係各位に、心より御礼申し上げます。

株式会社ビジュアルアーツ 代表取締役 馬場隆博












GA文庫といえば「神曲奏界ポリフォニカ」。2006年1月の創刊時に榊先生の「ウェイワード・クリムゾン」を刊行して以来、ポリフォニカは文字通り看板作品としてレーベルを引っ張り続け、ついにシリーズ累計で50タイトルを数えるほどにまで成長しました。

アニメになり、コミックになり、さらには小説のシリーズからキネティックノベル化されたものありと、媒体をまたいで今なおユーザーさんを楽しませています。

キネティックノベル大賞は、そのポリフォニカを生み出したキネティックノベルが始める新人賞ということで、自分としては非常に期待をしています。

そもそもライトノベルに関わる者として、キネティックノベルというのは、ある種うらやましい媒体です。豊富なイラスト、声優さんによる活き活きとしたセリフ、美しい楽曲。全てが物語を盛り立て、ユーザーを楽しませるために有機的に使われている。キャラクターが文字通り生きているかのように語りかけてくれる。

紙媒体だけでは絶対に実現できない、まさに新しい物語の形と言えるのではないでしょうか。まあ桜沢さんを初め、制作スタッフのみなさんは常に七転八倒されているようなので、単に隣の芝生がきれいに見えてるだけかもしれませんが。

ともあれ、今回キネティックノベル大賞の審査員を務めさせて頂くということで、新しい才能との出会いを願ってやみません。

ライトノベルの関係者が審査に関わっているなどと気にせず、キネティックノベルならではの作品をお送りください。ポリフォニカを超えるような力作をお待ちしています!


GA文庫編集部 編集長 北村州識








キネティックノベルが世に出たのが2004年4月。それから5年目という節目にこのような幅広いクリエイターの発掘を目的とした大賞が発表されたことを喜ばしく思います。

さて、キネティックノベル第一弾で活躍をした涼元悠一氏はかつてこう語りました。「これは映画にも漫画にも小説にも、他のどんなメディアにも置き換えられない」ものであると。

今回「キネティックノベル大賞」のシナリオ部門の審査に参加させていただくにあたっては小説として、物語としての完成度だけでなく、そういった既存のメディアでは表現の難しい何かを内包する、未知の輝きを秘めた原石をうまく見つけ出せるよう努力したいと考えています。

みなさんも、自分の中にある素敵な何かをもってぜひ挑戦していただければ幸いです。


一迅社文庫 主任編集員 寺澤佳之







NEW !!

  




さて、第一回キネティックノベル大賞の募集開始です。
難しいことは何もありません、まずは自分が書きたい物を書きましょう。
そしてそれを送ってくれるだけでOKです。
自分が書いた物を第三者に見て貰うというのは、簡単なようで難しいことです。
でも、難しいようで簡単でもあります。
自分も学生の頃に、応募するつもりで書いたけれど結局送ることの無かった原稿用紙の束があります。
もしそれを投稿していれば、今とは違う別の道が現れていたかもしれません。
まずは自分から動くこと、これが一番重要です。
思い出してください、最初に「物語」を書こうと─思ったきっかけを。
自分が文章を書くことになった原点というのは大切です。
皆さんの独創性あふれる「物語」をお待ちしております。

シナリオライター 魁








このような素晴らしい新人発掘を目的とした大賞の審査員として、参加させて頂くことを大変光栄に存じます。

アニメーション業界に身を置く私といたしましては、普段と違うジャンルでの審査という事もありまして、応募される皆さま方の作品との出会いをとても楽しみにしております。
ノベル&シナリオ部門の審査員といたしましては、魅力的なストーリーと愛される登場人物たちを生みだせているかという点を1つの大切なポイントとして審査したく考えております。
更には、読み手を惹きつける「力」を持っている作品を選出できればと思っております。

現在のエンタテインメント業界では、様々なジャンルにおけるクリエイターのボーダレス化が進んでおります。特に物語を生み出す力を持つ人というのは、様々な業界で必要とされている人材だと思っております。キネティックノベルというジャンルで成功をおさめ、更に他のジャンルでも活躍できるような方がこの大賞から生まれる事を願っております。

株式会社アニプレックス 鳥羽洋典








いよいよ募集開始ですね。
何ごとも「こうに違いない」と頭の中でシミュレーションしているだけでは始まりません。
この作品は応募してもいいものか、迷ってしまったらひとまず出してしまうのが一番です。

キネティックノベル大賞においては、最終的にキネティックノベル化という段階が待っており、そこでは個人戦ではなく集団戦になりますので、他の小説大賞では身につけづらい、さらなるスキルアップのチャンスもありますので、みなさん、ふるってご応募ください。



一迅社文庫 主任編集員 寺澤佳之





  




作品募集開始でございます!微力ながらイラスト審査させていただきます兎塚です。
技術介入の余地がある宝クジだと思って気軽に応募してください!
イラストレイター 兎塚エイジ





  




「作曲コンテストでの審査員の依頼」ということだけは聞いていましたが、届いた資料の内容からすると、即戦力重視のクリエーター発掘システムだと分かり、私も応募しても良いのか…と一瞬考えてしまいました。

そんなことは放っておいて、さあ皆様、作品の募集が始まりましたよ。
押し入れに封印した曲、ポケットに入れたままの曲、頭の中では完璧な曲、貸し出し中の曲はこっそり回収して、とりあえず応募してみますか!
何が何処で評価されるか分からない今の時代、自分を試してみては。
I've 高瀬一矢でした。

I've サウンドクリエイター 高瀬一矢







キネティックノベル大賞、音楽部門審査員の八木沼です。

ついに募集開始となった訳ですが、僕は審査するのが今から楽しみで仕方ありません。
現在のアマチュア・同人音楽界には、商業的には成功していないものの、「天才」と呼べるような才能がまだまだたくさん眠っていて、そういった皆さんの”チャンスの場”は多いほうがいい、と僕は考えています。

このキネティックノベル大賞 音楽部門から、I've、fripSideに続く、新たな勢力が生誕することを願ってやみません。
皆様の熱い「音」をぜひ聴かせてください。

fripSide プロデューサー 八木沼悟志







いよいよ募集開始ですね。この大賞自体も1回目で、まだまだ知名度も低いかもしれませんが、多くの方に自分の作品を知ってもらう場としては、十分なものだと思います。
こういう大賞って、ついつい「自分なんて無理だろう」と思ったりしてスルーしがちですが、なにはともあれ応募してみなきゃ何も始まりません。
是非みなさんからのご応募お待ちしております。

Key サウンドクリエイター 折戸伸治






(c)2010 VisualArt's. All rights reserved.